内容証明

内容証明とは、文書を送った事実を内容も含めて証明する郵便です。また、一般的には、内容証明郵便を送るときには、配達証明をつけます。配達証明は、文書を受け取った事実を証明する郵便方法です。

内容証明は、1行あたりの文字数、及び1枚あたりの行数に制限があります(電子内容証明郵便を除く)。郵便局へ直接提出する場合は、この形式審査をしますが、文書の内容の法的効果までチェックしません。
配達証明付内容証明郵便がよく利用されるケースとして、例えば、債権者が債務者へ貸した金銭の支払いを求める裁判を行う前提として、債務者へ催告する場合があります。これは、裁判になったときに、債権者が債務者に催告した事実、さらに債務者が催告通知を受け取った事実を証明することになりますので、裁判上有力な証拠となります。

また、心理的な圧力もありますので、債務者が任意に支払うことも期待できます。
但し、配達証明郵便は、相手にプレッシャーがかかりますので、継続的な取引会社に対して送ってしまうと、取引が中止になることもありますので、本当に送ってよいかよく検討してから利用しましょう。