売掛金40万円を回収するため、裁判手続きをすることにしましたが、できるだけ早期に費用をかけないで、回収したいのですがどのような方法がありますか?

A.契約書等の証拠が揃っていて、相手が争わないことが予想される場合は、支払督促少額訴訟を検討しましょう。

少額の売掛金等の債権回収を行う場合、出来る限り回収費用を安くしなければ、費用対効果が少ない、下手をすればマイナスになることもあります。また、少額の売掛金といえど、積み重なっていくことで多額の売掛金が生じてしまい、税務上もマイナスです。このような少額の売掛金を回収する場合、費用を抑えて早めに対応していかなければなりませんが、法的手続きで回収する場合、支払督促と少額訴訟をお勧めいたします。

支払督促は、債権者の申立てにより金銭の支払督促を債務者へ送付してもらう制度です。書面による審査だけで、強制執行のための債務名義を取得することができます。但し、相手から異議を申立てされると通常訴訟へ移行してしまいますので、相手方が争ってこないような場合に、支払督促を利用しましょう。

また、少額訴訟は、60万円以下の金銭の支払いの請求のときに利用できる1回の審理で結審することが原則の訴訟です。そのため、相手が争う姿勢をみせていても、契約書等の書面による確実な証拠がある場合は、少額訴訟を提起することも一つの方法です。

債権回収では、普段の企業取引において、必ず交渉結果や相手方とのやりとりは、必ず書面に残しておき管理しておくことが重要です。