相続登記の費用はどのくらいですか?

A.相続登記の費用は、不動産の個数や評価額、相続人の数などで変わります。そのため基準額をもうけることは難しいですが、平均で8~15万円(登録免許税込み)くらいとなります。

相続登記とは、不動産の登記上の名義を亡くなった方の相続人の名義にかえる手続きです。相続登記費用は、大きく司法書士の報酬と登録免許税等の税金・印紙部分に分かれます。

登録免許税は、登記をするときに必要な税金で、相続の名義変更の場合、不動産の固定資産評価額の1000分の4と決まっております。例えば、不動産の価格が2000万円であれば8万円ということになります。つまり、不動産を多く持っている方や評価額が高い不動産を持っている方の相続登記は、登録免許税が高くなります。登録免許税だけで数百万円ということもあります。

登録免許税以外には、戸籍を取り寄せたときの役所に支払う証紙代、相続登記が終わった後に登記事項証明書を取得するときの法務局へ支払う印紙代などです。ちなみに、戸籍謄本450円、除籍謄本・改製原戸籍謄本750円、住民票300円、登記事項証明書700円です(戸籍謄本等は地域によって金額が異なります)。

そして、司法書士の報酬については、それぞれの司法書士で金額が異なりますが、昔の報酬基準をもとに算出する司法書士事務所が多いため、一般的には大差はありません。基本的には、不動産の個数や評価額によって、報酬も変わっていきます。

よって、相続登記の費用がいくらかかるかは、事案によって異なりますので、はっきりと提示することができません。しかし、平均すると8~15万円くらいが多いかと思います。

司法書士かとう法務事務所の場合

土地(1500万円)、建物(300万円)の相続登記の場合

                   報酬        税金

1.相続登記        30,000円    72,000円

2.相続関係説明図    6,000円

3.遺産分割協議書   10,000円

4.除籍謄本3通      6,000円     2,250円

5.登記事前閲覧      2,000円       794円

6.登記事項証明書    2,000円     1、100円

7.郵送・旅費・日当    3,000円

 

合計 135,144円